親知らずの抜歯|田無北デンタルクリニック 西東京市田無町 武蔵野市 小金井市 歯科 歯医者

土日も診療 042-497-6745

東京都西東京市田無町3-1-16

Whitening / ホワイトニング

親知らずの抜歯はどの医院でも行っている一般的な治療になりますが、実は、処置が容易なケースから難しいケースまで多岐にわたります。難しいケースの場合、しっかりと事前の診査診断を行わなければ、非常に時間がかかり、場合によっては多くの出血や一時的な麻痺が生じる場合もあります。そのため、当院では、事前の正確な診査を可能にするCT(三次元立体画像撮影装置)を利用しています。

 

 

3次元の歯科用CTを親知らずの抜歯に利用することで、一般の歯科医院にある2次元レントゲンでは確認できなかった部分までしっかり確認することができるようになります。
これにより、一層的確な治療が可能になっています。また、埋伏歯などの対応が難しい症例であっても事前に精密に分析できるため、余分な切開や骨の切削などを避けることができ、患者様の肉体的・精神的負担を軽減することができます。

 

 

親知らずは何が何でも抜かなくてはいけないわけではありません。

親知らずを残しておくことで、将来、入れ歯やブリッジの土台として使ったり、どこかの歯を抜歯する必要がある場合は、親知らずを移植できるメリットもあります。

 

■メリット

・日々のブラッシングがしやすくなることで虫歯・歯周病の予防になる

・親知らずが原因の口臭(磨き残し)が改善される

 

■デメリット

・治療後、腫れることがある(腫れた場合でも数日で治まります)

・抜歯することで空いた穴に食べ物が詰まることがある(約1か月間ほど)

 

患者様によって様々な状況が考えられますので、まずは歯科医師と相談の上、現状把握、そして 親知らずを残しておいた場合の利点と欠点を理解することをお勧めいたします。

 

 

親知らずの抜歯で難しいとされているのが「水平埋伏歯」の抜歯になります。右の画像のように、水平に親知らずが横わたっている症例です。水平埋伏歯を抜歯するためには、歯茎を切開してめくりあげ、歯の頭の部分と骨の一部分を削り取り、分割しながら抜歯していきます。

 

また、現段階では抜歯の必要はないケースでも、あえて抜歯することもあります。
具体的には、そのまま親知らずを残していると、中長期的視点で考えた際、問題が生じることが明白なケースです。例えば、親知らずが原因でブラッシングがしっかりできない部分が生じ、手前の歯に虫歯ができそうな場合。顎関節に近く、将来的に顎関節症を引き起こす可能性がある場合などなど。

 

 

なぜ、妊娠前の女性に親知らずに抜歯をお勧めするのか?
それは、妊娠するとホルモンバランスの影響で親知らずが痛むケースがあるためです。
通常であれば抜歯をすれば済むのですが、妊婦さんはお腹の中に赤ちゃんがいます。そのため、可能であればレントゲン撮影や痛み止め、抗生物質は避けたいところです。

つまり、選択肢は「我慢する・・・・」。
これは辛いですよね。

そのため、妊娠する前に親知らずを抜歯することをお勧めする場合もあります。

 

 

治療当日は血の巡りの良くなるような行為は控えるようにしてください。お酒運動湯船につかると、痛みが強く出たり、出血しやすくなります。また、タバコは、血の巡りを悪くし、傷の治りを遅くします。なるべく控えるようにしてください。