5つの特徴|田無北デンタルクリニック 西東京市田無町 小金井市 武蔵野市 

土日も診療 042-497-6745

東京都西東京市田無町3-1-16

Feature / 5つの特徴

田無北デンタルが誇る 5つの特徴

患者様が快適に来院して頂くための当院の特徴をまとめました。

ご興味があるボタンをクリックして頂きご覧くださいませ。

 

全診療室個室スペース

可能な限りの痛みを抑えた治療

基礎治療・総合治療の徹底保証体制の充実説明責任

 

 

+個室診療室

当院の診療室はすべて「個室」となって

おります。

プライバシーへの配慮もそうですが、

「患者様にリラックスしてゆったりと

治療を受けて頂きたい」、「どのような

ことでも何なりとご相談いただきたい」

という思いでこの設計にいたしました。

 

 

 

診療室2

また、オペ室、カウンセリングルームも設置しております。

カウンセリングルーム オペ室

 

院内は「土足OK」です。

高齢者の方にとって、「靴を脱ぎ、スリッパに履き替える」ことは大変労力がいることですので、高齢者の方も気軽に来院して頂ける設計にしております。

土足

 

 

+田無北デンタル式-可能な限りの「痛みを抑えた」治療

歯医者さんは「治療」するとことですので、「痛み」が伴う事もあります。

最近では医学の進歩もあり、痛みを抑える方法があります。

当院では、快適な治療を受けて頂くため、次のステップで「可能な限りの痛みを抑えた治療」を実施しています。

 

Step1 不安・緊張の除去

不安や緊張があると、痛みに敏感になります。

十分なコミュニケーションをとり信頼して頂くことが

はじめの一歩となります。

カウンセリング

 

Step2 表面麻酔

希望される方には注射部位にゲル状の表面麻酔薬を

塗ります。これを行うことで注射時の痛みを抑えます。

表面麻酔

Step3 極細針の使用

現在販売されている針で細い針を利用しています。

太い針よりも細い針の方が痛みは抑えられます。

なんとなくイメージできますよね。

針

 

Step4 生体原理を考慮したテクニック

人間の生体原理を考えたテクニックを用いています。

例えば、最初に針をさす場所ですが、歯茎(硬い部分)と、

粘膜(柔らかい部分)では、粘膜のほうが痛みを感じる

部分(痛点)が少ないので、粘膜のほうを選びます。

また、「針を差し込む角度」「麻酔液の注入速度」など

も無痛治療を実施するためには考慮すべきポイント

となります。

診療

 

Step5 2回に分けての麻酔注射

治療内容や治療部位によっては、2回に分けての麻酔を行います。最初の麻酔で十分に痺れていますので、痛みは抑えられます。

 

 

+基礎治療・総合治療の実施

治療というと、「問題がある部分」のみの治療を考えがちですが、それでは中長期的な効果は望めません。なんでもかんでもすぐ治療をするのではなく(緊急の場合は除く)、まずはお口全体のバランスを考えながら、問題のある個所の治療計画を立てなければなりません。

 

ことわざで「木を見て森を見ず」というものがあります。

問題がある部分だけの治療はこのことわざが当てはまります。

全体を見ていない部分的な治療ですので、予期しない問題が生じたりすることがあります。

では、「森を見て、木を見ず」でいいのかと言いますとそれも違います。

 

木も見て、森も見る」。これがバランスのとれた考え方です。

 

当院では対処療法ではなく、根本治療を実施しています。

つまり、短期的な治療効果ではなく、中長期的に治療効果を持たせるための治療を実施しています。

 

治療計画

 

 

+保証体制の充実

保険治療は保証の対象外となりますが、保険外治療(自費治療)において、当院では5年(10年ものもございます)の保証期間を設けております。

詳しくは料金表をご参照ください。

 

せっかく、お金をかけて治療しても、それがすぐにダメになってしまったら嫌ですよね。

治療をした私たちも残念な気持ちでいっぱいになります。

そこで当院では保証制度を設けております。

 

保証制度を設けていない医院さんもありますので、この制度は、「長期的にもたせることができる」という我々の自信の表れだとお考えください。

 

 

+説明責任

患者様の声をしっかりお聞きし、治療に反映させる。

これは医療機関として当然の姿勢です。

 

当院では、様々なカウンセリングツールを使い説明を行っています。

また、専用のカウンセリングルームもご用意しております。

 

カウンセリングルーム

 

1人1人の顔が違うように、お口の中も、千差万別です。

あなたのお悩みやご要望をお聞きした上で、ふさわしい治療方法を一緒に考え、ご提案致します。「押し付け」ではなく、「助言」をするよきパートナーでありたい。

私達は、そう考えています。

説明責任

 

また、当院では「セカンドオピニオン」も積極的に導入しております。

聞きなれない言葉かもしれませんので、少しセカンドオピニオンのご説明をしたいと思います。

 

ある症例を100人の医師が診断したとします。

その結果、治療方法はどうなると思いますか?

 

患者さんは「1つの答え」に落ち着くと思うかも

しれませんが、実際は何パターンもの治療法が

提示されることになります。

院長

 

これは歯科医師の考え方・流派・得意不得意が存在するためです。

まずはこの事実を理解して下さい。

「この症状であれば、この治療しか存在しない」という事はまずありません。

 

こうなってしまうと、「どの治療が適切なの?」と不安に感じてしまうと思います。

 

しかし、どの治療法が良いのかは患者さん自身の「価値観」に左右されることとなります。どの治療法にもメリット・デメリットが存在しますので・・・。

 

治療法の選択に悩んだ場合、患者様ができることは、それぞれの治療法のメリット・デメリットを理解し、御自身の価値観に合った治療法を選択することです。

しかし、1人の歯科医師の話だけでは、先ほども申したようにその歯科医師の考え・流派・得意不得意によって提案する治療法が異なります。

 

そこで「セカンドオピニオン」が登場します。

複数の医師の提案する治療法を聞き、その中で患者様の価値観に合った治療法を選択してください。

 

また、セカンドオピニオンは単に複数の医師の

「考え」を聞くだけではありません。

その医師の「人柄」なども直接に感じることが

できます。

 

「この先生になら任せても大丈夫だ」

「この先生が提案する治療法なら・・・」といった

感情も生まれてくるでしょう。

 

歯科医療は「人と人」が信頼関係に基づいて行う

治療です。

「この先生になら!」と思える歯科医師を見つける

ためにセカンドオピニオンを利用するのも1つかもし

れません。

院長1